写メールとネットサービス

現代の代表的なコミュニケーションツールと言えば、パソコンと携帯電話になります。
どちらも、インターネットを利用でき、パソコンにおいては、すでにブロードバンド時代に突入しました。
携帯電話についても、日進月歩で進化し、いずれパソコンと同様、本格的なブロードバンド時代を迎えると言われています。
しかし、そうなる前にも、パソコンで利用されているサービスなどが登場し、各種動画サービスは、その表れでしょう。
また、携帯電話においても、パソコンにおいても、電子メールについては、一番使用されているコミュニケーションツールであり、携帯電話においては、写メールが、代表的なものです。
もともと写メールは、ソフトバンクモバイルの商標登録名ですが、現在では、各種携帯電話会社のサービスでも、利用されいます。
一般的には、写メあるいはシャメとも言われ、用語としては間違いがあると言われていますが、すでに浸透した言葉になります。
写メールの特徴としては、写真を添付したメールであり、たとえば遠く離れた家族が自分の姿を瞬時に送ることができます。
最近では、写真の代わりに動画を添付し、家族や恋人に元気な姿を見せる事が可能になっています。
とかくバーシャル・リアリティが、インターネットなどの問題として取り上げられていますが、実際の人間関係の円滑化に役立つものがあることも、否定はできないでしょう。

このサイトでは、写メちぇけ!みんなで写メ判定というサイトで紹介されているように、写メールに焦点を当て、色々とお話しています。
各種ネットサービスのことはもちろん、写メールの概要から携帯電話との関係、あるいは、デジタルカメラとのことについても、言及しています。
さらには、今後の写メールの展望についても、説明しています。
ここでの記述が、皆さんのお役に立つようでしたら、サイト作成者として、非常にうれしい限りです。